春濁りとライトの役割

2018/3/14 11:21

2018年ももうすぐ三ヶ月が経過しようとしています。

時間が経つのはあっという間ですね。

ところでもうそろそろあの時期がやってきますね・・・

特に伊豆や千葉でダイビングされている方はあえてこの時期を避けて潜る方も多いでしょう。

そう「春濁り」の季節がやってきます。

一ヶ月ほどで春濁りもなくなりますが、一ヶ月もダイビングをお休み出来ない高尾は来週ダイビングに行ってきます

ちなみに「春濁り」ってなぜ起きるか知っていますか?

冬の時期は水面の温度も冷やされ水底の温度とほぼ変わらない状態になります。

それに季節風が入り通常下層に多い栄養塩類が掻き混ぜられ水面に蓄積し

その状態で海水温が上昇すると溜まった栄養塩類に群がってくるのが透明度が悪化する原因でもある植物プランクトン達です。

この影響で透明度は一時的に悪くなると言われています。

ただ、自然の摂理ですので仕方ないことです

私達ダイバーは気にせず潜っていきましょう

こういった春濁りの季節はもちろんのことダイビングする上で必須になるのが「水中ライト」

濁って透明度が悪いときも自分の目印となるので便利です。

また、水中では深くなればなる「光の吸収」の影響を受けます。

吸収されることにより景観や魚達も本来の色合いを失います。

その色合いを復活させる役割が「水中ライト」なのです。

持っていない方はまず手頃な価格の小型ライトを持ってるだけでも変わりますのでぜひ検討してみてください。

 ただ、手頃といっても安くて7,000円前後してしまう水中ライト・・・

せっかく購入するのであれば本当に使いやすいライトがよいですよね。

今回はそんな水中ライトを紹介したいと思います。

それがLIGHT&MOTIONのGOBEシリーズ。

 

GOBE:500SPOT

shinjuku_20180313-1

MAUI特別価格¥13,900(税込)

GOBE:700WIDE

shinjuku_20180313-2

MAUI特別価格¥18,900(税込)

 

ちなみにスポットとワイドの照射角の違いはこんな感じ↓

shinjuku_20180313-7

上がスポット、下がワイドです。

スポットは狭いですが照射距離が長いので奥行きを照らすにはこちらの方が便利です。

どちらがよいかはお好みで!

GOBE:NIGHTSEA

shinjuku_20180313-3

MAUI特別価格¥19,900(税込)

GOBEは耐水深120メートル水中で使えるのはもちろんのこと、陸上でも使用出来る万能ライト。

グローブごしでも操作のしやすいスイッチ式で三段階の光量調節が可能。

SOSモードもあるので緊急時にも使えます。

充電方法は外付け可能な専用のUSB。

shinjuku_20180313-8

 これでダイビングの休憩中も安心して充電できちゃいます!

バッテリーに直接挿して充電するタイプはうっかりして水没・・・なんてこともあるので

休憩中などにはおすすめ出来ませんが、この外付けのタイプならよいですね。

今回紹介させて頂きました水中ライト。

あなたのお好みのものはありましたか???

私はNIGHTSEA!!!

shinjuku_20180313-5

青い光がまた違った海の世界を表現してくれるんです!!!

shinjuku_20180313-6

付属のフィルターを使用すれば通常のライトとしても使えます!

 

このシリーズの中でもお値段が少し高いですが、他のライトにない機能なので気になってる方はぜひ!

 春濁りのシーズンも全力で潜っていきましょう!!!

系列店舗ブログ更新中★

 

baba_小山

ぜひぜひ、見てみてください。

【MAUI 新宿店】 たかお

☆カテゴリー☆

#新宿#東京#都内#関東#ダイビング#ダイビング用品

#ダイビング新宿#ダイビングショップ#ショップ

#スキューバダイビング#スクーバダイビング#スキューバ#スクーバ

#MAUI#マウイ#SRC#PADI#安い#おすすめ

 

★お問い合わせ★

【MAUI新宿店】

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 ハイジアビル1F/2F

TEL:03-5285-8500

Mail:shinjuku@y-spsys.co.jp